ホームの在不在が条件に含まれるオートメーションが動かない時の解決策を知りたい

Nature Remoをご家族をはじめ複数人でご利用頂いている場合に、ホームにいる、かつホームロケーションに参加したユーザーを対象として、「ホームに最初の1人が帰った時」「ホームから最後の1人が出掛けたとき」というトリガーのオートメーションが作成することができます。

設定方法は、こちらのブログ記事をご参照ください。
ホーム機能に関しましては、こちらのブログ記事に詳細を記載しております。

ここでは、ホームロケーションをトリガーとしたオートメーションを設定したにも関わらず、オートメーション動作しないときの解決方法を案内します。

 

オートメーションに❗️が表示されている場合

IMG_5603C4DEB13D-1.jpeg

赤い❗️が表示されている場合は、Nature Remoアプリに位置情報の権限が許可されていない状態になります。

そのため、お使いのスマートフォンの設定アプリから、Nature Remoアプリへの権限をご確認下さい。

 

iOSは、iPhoneの設定アプリから「Nature Remo」→「位置情報」→「常に許可」を選択してください。

以下の記事も併せてご覧下さい。

iPhone、iPad、iPod touch で位置情報サービスと GPS のオン/オフを切り替える

 

Androidは、機種によって確認方法が異なるため一例になりますが、設定アプリ→「アプリ」→「Nature Remo」→「権限」→位置情報を「常に許可」と言う順番で設定の確認が行えます。

以下の記事も併せてご覧下さい。

Android スマートフォンの位置情報を使用するアプリを選択する

 

 

オートメーションに⚠️が表示されている場合

黄色い⚠️が表示されている場合は、お使いのスマートフォンがホームロケーションに参加していない状態になります。

※ホームロケーションに参加いたしますと、他に参加しているユーザーも「ホーム内」「ホーム外」というステータスで在不在が確認できるようになります。ご留意下さい。

 

1. Nature Remoアプリ右上の設定ボタンをタップします。

IMG_23144547E966-1.jpeg

 

2.ホームロケーションをトリガーとしたオートメーションを作成したホームを選択し、「ホームロケーションに参加」を有効にします。

IMG_06AD11F85F50-1.jpeg

警告マークが表示されていないのにオートメーションが動かず、Nature Remoアプリの通知も表示されない場合(Androidのみ)

一部のAndroid端末には、省電力を目的としたバックグラウンドのアプリに対してデータ通信を制限する機能を有した機種があります。

Nature Remoアプリは、位置情報の条件を満たしたことを確認すると、Nature Remoアプリがクラウドにオートメーションの条件を満たした旨の通信を行います。

これが前述の機能によりデータ通信を制限されてしまうと、位置情報の条件を満たしたにも関わらず、クラウドへオートメーションの実行条件を満たしたと通信することが出来ず、オートメーションが実行いたしません。

こちらの内容に関しましては、Androidの設定アプリより「バックグラウンドでの通信の許可設定」をご確認下さい。

端末によって設定の確認方法が異なる場合がありますが、

設定アプリ→アプリ→特別なアプリアクセス→データ通信を制限しないアプリ→Nature Remo

との内容にてご確認頂けることが多くございます。

 

 

サポートに問い合わせる
この記事は役に立ちましたか?
5人中1人がこの記事が役に立ったと言っています