Nature Remo 3のセンサー機能は何がアップデートされたんですか?

Nature Remo 3は、従来のNature Remoシリーズと比べ、センサー機能を向上させました。

具体的には、以下の2点です。

 

1. 人感センサーの向上

旧モデルでは人感センサーを利用する場合、「30分間人感センサーが反応しなかった」と言う内容のトリガーが作成可能でした。

Nature Remo 3では、「人感センサーが反応した」ことをトリガーに設定することが可能となり、反応しなかった間の時間の調整も行えるようにいたしました。

 

2. 照度の目盛りの細分化

Nature Remo 3は、より細かい照度からトリガーを設定することができるようになりました。

旧モデルのオートメーションでは、「部屋が暗く(明るく)なったら」というトリガーを設定するのに「暗い(明るく)」「薄暗い(薄明るい)」の二択から選んで設定していました。

Nature Remo 3では10刻みの数値で設定可能です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、こちらからお問い合わせください。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。