Google Homeのルーティン機能を活用する

Google Homeアプリに追加されたルーティン機能を用いると、任意の音声で設定した家電の操作を実行させることが出来ます。

事前にGoogle Homeとの連携を済ませ、Google Homeから音声でNature Remoを使用した家電操作が出来る用意をお願いします。

 

 

ルーティンの設定方法

ルーティンの設定を行うには、Google Homeアプリ右上にあるGoogleアカウントのアイコンをタップします。

IMG_8269.PNG

 

「アシスタントの設定」をタップします。

IMG_8270.PNG

 

「ルーティン」をタップします。

IMG_8271.PNG

 

ルーティン画面には初期から設定されている「デフォルト」と、追加で作成した「カスタム」が表示されています。

(ルーティン機能以前にあったショートカット機能でショートカットを作成されていた方は、「カスタム」に設定済みのショートカットが表示されています)

ここではデフォルトの「おはよう」をカスタマイズし、「ねぇグーグル、おはよう」のフレーズで家電操作を行う設定を行います。

 

おはようをカスタマイズするので「おはよう」をタップします。

IMG_8272.PNG

 

編集画面でご希望の内容を設定します。

左のチェックボックスが動作させるかの設定になり、右側の歯車が操作内容の設定になります。

IMG_8273.PNG

 

Google Homeの仕様上、テレビの操作とエアコンの停止操作など設定出来ない内容があります。

これらを設定したい場合は、「シーンの操作」から、Nature Remoアプリで設定したシーンを実行することで、選択肢に含まれないあらゆる操作が実行できます。

この設定を行われるには、事前にNature Remoアプリにて、ご期待の操作を行うシーンの作成をお願いします。

複数の家電をまとめて操作したい

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。