家電を自動的に操作してほしい

Nature Remoアプリにて、条件を満たしたときに家電を自動的に操作する設定を作成することが出来ます。
Nature Remo miniは
  • 「指定した場所に近づいたら」
  • 「指定した場所から離れたら」
  • 「◯曜日の□時になったら」
  • 「温度が◯度以上になったら」
  • 「温度が◯度以下になったら」
の条件(Nature Remoではトリガーと呼んでいます)を選択でき、Nature Remoはこれに加えて
  • 「湿度が◯%以上になったら」
  • 「湿度が◯%以下になったら」
  • 「明るくなったら」
  • 「暗くなったら」
  • 「30分以上人感センサーの反応がなかったら」
のトリガーが選択できます。Nature Remoアプリではこの機能を「オートメーション」と呼んでいます。
※2020年の4月に、名称をルールからオートメーションに変更しました。機能に変わりはありません。
 
 
ここでは「平日の18時から19時の間」に「指定した場所に近づいた時」、「暖房」がオンになるオートメーションの作成方法をご案内します。

1. Nature Remoのアプリの「オートメーション」をタップします。

IMG_8316.PNG
 
2. 「オートメーションを追加」をタップします。
IMG_8317.PNG

3. 新しいオートメーションを作る画面で、「オートメーション名」を設定します。
IMG_8318.PNG
 
4.「トリガーを選ぶ」をタップすると条件が設定できるので、ここでは「到着」をタップします。
IMG_8319.PNG
 
5. エリアの中心と距離を設定し、「保存」をタップします。このエリアに入るとオートメーションが実行されます。
IMG_8320.PNG
 
7.「操作の追加」から実行してほしい家電を選択します。
IMG_8322.PNG
 
8. 設定が完了したら「保存」をタップして完了です。
IMG_8323.PNG
 
8. 設定後はオートメーション右のボタンをタップするとオートメーションの有効無効が変更出来ます。
IMG_8324.PNG
 
 
なお、オートメーションで操作させる家電は最大で5個まで追加できますが、単一のオートメーションで同じ家電の複数のボタンを登録すると家電の仕様によってうまく作動しないことがあります。作動しない例:「テレビ」の「電源」ボタンと「1」ボタンと「+」ボタンと言う、同じ家電の別操作など。
この場合は登録した家電の下部に表示されている「間隔」をご使用下さい。
 
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。