Nature Remo 3の照度センサーはどう変わったのですか?

Nature Remo第3世代(以下Remo3)の照度センサーの値は、Nature Remo及びNature Remo第2世代(以下Remo)とは照度の取得方法が変更されたことで、確認できる明るさの値が異なっています。

Remoでは照度センサーの性能により、計測した明るさを0から255までの数値に換算し、それぞれ以下の4段階で明るさを切り分けてました。

・暗い (1-50)

・薄暗い (51-127)

・薄明るい (128-205)

・明るい (206-255)

そのため、オートメーションで設定できる内容は、暗くなったときに実行される2段階と、明るくなった時に実行される2段階のそれぞれ4パターンしか作成出来ませんでした。

 

Remo3ではセンサーの性能をより強化したことで、計測した明るさの小さな変化も計測できるようになり、より細かい条件でのオートメーションが設定できるようになりました。

具体的には0から200の値が計測され、10刻みで「明るくなったとき」「暗くなったとき」の条件を決められます。

これにより、真っ暗な状態から少し明るくなった状態や、50%の明るさの照明を100%の明るさに変更した状態でもオートメーションを実行させることが可能です。

また、ご使用環境のいくつかの明るい状態の数値を予めご確認いただくことで、ただ明るくなったときだけでなく、「どの生活シーンの明るさなのか」「何によって明るくなったか」などの微妙に異なる明るさを想定したオートメーションの実現が可能になりました。

(快適に生活できる明るい感覚は個人で異なりますので、ご家庭で計測された数値を基準にしてください)

 

例1: あるご家庭で、食事中は100の明るさで、映画の視聴中は50の明るさの場合、食事の開始時には「明るさが100以上になったら」のオートメーションを、映画の視聴時には「明るさが50以上になったら」のオートメーションをそれぞれ作成することで使い分けることが出来ます。

 
照度.png
 

ただし、明るさの数値が細かく計測出来るようになった反面、光源とRemo3の距離や位置関係によっては想定した明るさの値が計測されない場合があります。

LEDの光は指向性があるため、天井付近の壁にRemo3を設置するとその付近が照明の光の影になっていて、部屋は明るいのにRemo3の計測値は小さい、などが想定されます。

ご環境に合わせたRemo3のご設置もお試し下さい。

 
 
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。